教育専従科長の対談シリーズ・第5回

「科長の職場づくりへの想い」

科長 渡会 純(HCU)
教育専従科長 飛田勇介

自分たちの看護についての振り返りをする時間をつくり、一緒に考える中で目指す看護を共有したい

-渡会科長はHCUで3年目を迎えられていますが、振り返ってみていかかでしょうか。
渡会うちの部署のスタッフたちは仕事そのものをきちんとしていると思っています。しかし、問題意識を
今以上に持ち、質の高い看護の実現が私の目指すところです。仕事をきちんとし続けるのはそれそのものも大変ではあるのですが、決して現状に満足するのではなく、患者さんに対してもっと細やかに、そして適切に関わっていくということをすべてのスタッフが意識していくようになりたいと思っています。
飛田渡会科長の部署では仕事に対する考え方において個人差が大きいと感じられていますか。
渡会個人差は多少あるかもしれませんが、どちらかというと目指す看護というものを私が伝えきれていないという自己の反省の方が大きいですね。
飛田例えば「さあ、これを目指してやろう!」とビジョンを示し、一定の方法論を示しても、動機付けがきちんとできていないと実践にはなかなか結び付きませんよね。
渡会そうですね。そのためには全体にビジョンを示すだけでなく、スタッフ一人ひとりと話し、理解を得ていくことが大切だと思っています。
飛田渡会科長も経験されていると思いますが、どんなことでも「やろう!」と決意したら、そのことで結果か出ると、それまでそうでもなかったスタッフ同士がお互いを認め合ったり、次はどうしたいという意思を表現し、自主性を発揮するスタッフが出てきたりしませんか。
渡会それは、確かにありますね。そういう意味では、私の部署では、もっと時間の使い方を考えて、自分たちの看護についての振り返りをしっかりしていかないといけないなと思います。そういった振り返りの中で仕事に対してのやりがいであったり、楽しさを実感すると、自然に目指す目標や看護が見えてくるのではないかと感じますね。

部署の管理者との連携を強化し、部署運営に関する方針と戦略を再考し、明確に打ち出したい

-マネジメントをする上で目指す看護やその質のレベルの共有をするときに、どのように取り組んでいこうと思いますか。
渡会やはり、共有していく仕組みを作っていくべきだと思います。私自身が一人ひとりにその都度伝えていくというのは当然限界があります。
飛田実際、私たちの仕事は24時間動いていますから、同時に看護管理も24時間必要ですからね。
渡会そうなんです。だから、私がいない時にも同じレベルの状況判断が共有されていないとならないので、副科長や主任との連携をきちんとしていく必要があると思います。それぞれとHCUの看護管理について共有する機会を作りたいと思いますが、その前に、私自身が部署運営について具現化しないと伝わらないので、そこをまずはきちんと整理したいと思います。
飛田渡会科長の部署運営対する方針と戦略に対してどう思うのかということをしっかり聞き、個別の想いはあるでしょうけれど、部下を管理・育成する立場として具体的にどうするのかという視点で共有することが大切ですね。
渡会そうですね。私自身、スタッフ自らが問題提起することを待つ傾向にありました。そこにはスタッフそれぞれの自主性を育むという私自身の考えがあり、それをボトムアップ型という形で管理していました。しかし、トップダウンとかボトムアップとかではなく、スタッフの自主性を育むためには管理者である私が、目指す看護、そのレベル、それを実現する方針と戦略をもっと強く示していくべきだと思いました。
飛田そうですね。私も個々のスタッフがもっと意見や思いを積極的に!と思うことは多々ありましたので、渡会科長が言うことがいかに大切であると同時にとても大変であるかがよくわかります。管理者として、患者さんに対して質の高いサービスを提供するということを前提にお互いもっとはっきりと意見が言い合える関係性というのを作りたいと思っていました。
渡会そうですね、管理者同士そういう関係性をいきたいと思います。

ケアをする上で何を大切にすべきか、目的と意味を感じて患者さんともっと向き合える集団にしたい

-質の高いサービスを提供していくために、どんなことに意識していきたいですか
渡会HCUに入院中のご家族は特に病状に対しての不安をお持ちです。スタッフはご家族に少しでも安心してもらいたいという想いでケアを行っています。そういった親切で丁寧なケアの提供を継続していくことを私たちの部署の基準にしたいと思ったのです。
飛田渡会科長が言ったように、一定のケアの質を継続することが大切ということですね。
渡会そういった中で一つひとつの事例の振り返りは大切ですね。その時、思ったのが、それぞれのスタッフには知識・経験はあるのですが、何のためにやっているのかという目的や意味を感じることで、ケアに対する取り組み方がこんなにも変わるんだなあと改めて実感しました。
飛田大切にしたいのは何なのか、私たちの仕事の責任とは何かといったことを管理者が問い続けることは大切だと私も思いました。
渡会私たちの「ケア」は何なのか、何を大切にすべきかといったことも、この対談の中で、再考したい、みんなと共有したいという想いになりました。特に、患者さんにもっと向き合いたい、患者さんと向き合う時間を増やしたい、そのためには、どのように業務をマネジメントしていけばいいのか、どのように看護の質を評価していけばいいのかといったことを管理者ともっと話してみたいと思います。
飛田患者さんに向き合いたいというのは看護師がその人に合った看護をしたいという態度の表れであり、最もやりがいを感じる機会だと思います。渡会科長の目指す看護、質のレベルといったものを言い続けるだけでなくみんなで意見を出し合い、それらを言語化・意味付けして質の高い看護の提供をしてほしいと思います。
(聞き手:人事コンサルタント 石田秀朗)