主任対談(第二回)

看護主任たちの
「あなたを育てる」

澤良木英一
山田桂子
三成敬子

主任として日々どのようなことを意識して仕事をされていますか

澤良木 私の職場では固定チームナーシングを取り入れています。チームが2つあるのですが、これをうまく機能させていくのが私の役割と思っています。機能するというのは、患者さんに提供できるプラスが多くなるということですから、入退院の流れがスムーズになり、患者さんに対する共通認識が促され、ケアの質が向上するように働きかけています。
山田 私は地域包括ケアを担当する部署にいますが、ちょうど導入三年目を迎えます。看護部内の他部署との調整はもとより、多職種や外部との調整をしながら、それぞれの連絡がしやすく、連携先同士の情報共有がしやすくすることが役割だと考えています。
三成 私は、基本的にはスタッフの指導だと思っています。他部署から異動してきたスタッフもいますし、経験年数によって知識の質・量ともに一定ではないので、私たちの部署で看護をする上で必要な基本的な知識・技術の学習機会の提供や直接的な指導を意識しています。

メンバー育成で大事にしていることはどんなことですか

澤良木 三成さんが仰っているように、経験により知識や技術の差はあるのは私の部署でも同じですが、やはり最低限の水準をどこに置くかによって、提供できる看護の質に影響してきますので、できるだけ高いレベルで仕事をしていけるように指導を心掛けています。特に2年目や3年目のスタッフには、新人時代のように悩みを打ち明け辛くなっているので、本人が行き詰っていないか、悩みはないか、課題をどう捉えているかについてこちらから働きかけてコミュニケーションを取るようにしています。
山田 私は、部署内で退院支援の研修を実施しています。そういった指導の機会で大事にしていることは、自分の身内と思って接してほしいということです。具体的には、ご自宅でどんな生活をされているのかを想像し、単にケアをするだけでなく、ご自宅で入院時にしていたことができるようにしていくことを意識して関わっていくということです。
三成 最低限の知識や技術を一定水準に引き上げていくためには、やはり、経験年数の高いスタッフの意識が部署全体に大きな影響力を与えると思うので、新しい知識の習得を進んで取り入れていくように促すことが大切だと思っています。スタッフ一人一人の自尊心を尊重して、学びの成果が生まれた時にはしっかりと評価していきたいと思います。

これからどんな職場にしていきたいですか

澤良木 二つのチームにはそれぞれチームリーダーがいます。特に、このチームリーダーとメンバーの課題を共有し、その課題に対して私が解決策を示すのではなく、リーダー自らが解決できるように支援していきたいと思っています。そういう関わりを通じて、部署全体として、一人一人が成長実感のある職場になるように頑張っていきたいと思います。
山田 現状は退院後訪問を数回程度しかしていないので、スタッフには可能な限りご自宅に訪問してもらえるようにしていきたいと思います。特に、ご自宅という生活空間についてもっとしっかりアセスメントして、私たちの部署のスタッフなら誰でもご自宅で生活されている患者さんを具体的に想像し、適切な退院支援ができるようといった部署にしたいと思います。
三成 主任としてスタッフの指導を一番に挙げましたが、やはり科長とスタッフの間を取り持つ調整役にならなければならないと思っています。メンバーの中には、言いたいことを言えずに自分の中に言いたいことを溜めてしまっている人もいます。そういうメンバーには特に注意を払い、ちょっとした雑談から察してあげて、仕事がしやすい環境を提供していき、みんながイキイキと働ける職場にしたいと思います。