当院看護部では、診療報酬加算に関与する研修以外は、新人看護教育だけになってしまっていた教育内容を、現場の中核を担う既卒者を研修対象とすることで、効果的な新人看護師のOJTに繋がると考え、それを実現すべく今年度新たな取り組みを始めました。この取り組みは臨床現場での教育を最重要視し、集合教育に依存しきらないように研修効果を現場で評価する体制とし、各看護単位それぞれが得意分野とする領域について他部署の看護スタッフに対して研修を実施するというものです。また研修効果の評価については、習得した知識・技術について現場実践への活用を評価基準とし、研修講師側が各部署へ赴き助言あるいはサポートする体制としました。各部署の取り組み内容について、進捗状況や研修結果について追っていきたいとおもいます。