10月 ME機器取り扱い研修

10月25日、ME機器取り扱い研修(輸液ポンプ・シリンジポンプ・経腸栄養ポンプ)を行いました。
この研修は、新人を配属する殆どの部署で使用し、かつ使用頻度の高いME機器の基本的な操作方法を学び、使用中の注意点や確認内容を習得することが目的です。


機器の正しい操作方法に意識が向いていましたが、研修を受けて「機器を管理する」ということは操作だけでなく、機器を使用して点滴などを受けている患者さんを管理することでもあるのだと学びました。実際の現場でもポンプの流量だけを見るだけでなく、点滴刺入部や痛みの確認、使用されている点滴ルートなどもチェックしていこうと思いました。またアラームの持つ意味をしっかりと意識して色々な音に反応できるように日頃から頑張ります!(^^)!


研修では院内で使用している 輸液ポンプ  ②シリンジポンプ ③経腸栄養ポンプごとにグループに分かれて、先輩看護師より丁寧に説明を受けていました。
安全行動第一!と厳しい内容での説明に緊張して神妙な面持ちの彼らでしたが、先輩看護師より自身の失敗体験?など貴重な体験談を交えながらの説明を受ける段階になると少しだけ表情も和んでいた?かな。