チームの一員、補助者の責任者として、甘んじる事なく、ケアと全体の質の向上を目指す

4東西病棟(整形外科)
副科長 吉川 正美               

患者さんを身近で支援し、良くなっていく過程を見ているととても嬉しい気持ちになります。
一緒に喜んだり、笑ったり、泣いたり・・・。そんな療養生活の中で時に感謝されることがありますが、やはり「ありがとう」という言葉は一入です。月並みですがこのひと言が原動力になることは言うまでもありません。私が仕事をする上で大切にしていることは、当院看護部の看護補助者として誇りをもって業務に当たることです。そして他職種との協働・連携を心がけ、自身もチームの一員として患者さんに関わるということを常に念頭に入れて療養上のお世話をしています。職場では、上司が常に私達の立場に立って考えてくれるので、仕事がとてもやりやすい環境です。その上司の姿勢を自分の目標として、看護補助者の責任者として部下と接するようにしています。私たち看護補助者がやりがいをもって、そしてより働きやすい職場環境を・・・と、配慮をしてくれる当院の看護部門で働けることにとても感謝しながら働いています。
そして、ただ実務の中で学ぶことだけではなく、時流が求める研修の企画にも参画させてもらい、プランナーとしても、また受講者としてもさまざまな学びの場を提供してもらえるので、自分自身の自信に繋がっています。また、当院の看護補助者は優秀な人材が多く、頼りない私にも端々で心遣いを感じています。
今後は、患者さんだけに留まらず、組織においても看護補助者が無くてはならない存在だと思ってもらえることを目指し、現状に甘んじることなく、更なるケア能力と全体の質を向上させるべく、自身も模範であるための努力と補助者教育に力を入れていきたいです。